大人ニキビと思春期ニキビは全くの別物!ニキビ別のケア方法!

大人ニキビと思春期ニキビは全くの別物!ニキビ別のケア方法!

ケア方法は同じじゃダメ!?大人ニキビと思春期ニキビは何が違う?

single_10-2

大人ニキビと思春期ニキビは同じようで全くの別物です。思春期ニキビは皮脂分泌が盛んな10代の頃にできるニキビのことです。成長ホルモンが分泌されやすい10代は男女関係なくニキビが発生しやすくなります。

20代以降になるとホルモンバランスが安定して思春期ニキビができにくくなりますが、様々な内的要因と外的要因が合わさってしつこい大人ニキビが発生します。思春期ニキビは10代、大人ニキビは20代以降と言われますが、これは1つの目安でどちらも年齢に関係なくできることがあります。

思春期ニキビができる原因を探る!思春期ニキビの特徴は?

思春期ニキビは成長ホルモンの乱れで皮脂分泌が盛んになることが原因で発生します。皮脂量の多いTゾーンに発生しやすいのが特徴で、次にできやすいのが頬っぺたです。

白ニキビや赤ニキビがプクッとできたと思ったら炎症をおこして悪化するケースがあります。成長ホルモンが乱れる原因は学校や家庭環境の悩みなどのストレスが影響しやすく、食生活や睡眠不足なども深く関わりをもちます。

大人ニキビの特徴は?思春期ニキビとの見分け方

大人ニキビはストレスやターンオーバーの乱れなど複合的な要因で発生します。影響が出やすいのがフェイスラインや顎の部分です。年齢を重ねると代謝が悪くなるので、ニキビ跡になりやすくなります。

大人ニキビもストレスや生活習慣の影響が色濃く反映されるものです。白ニキビや赤ニキビができることもありますが、急に芯のある大きなニキビが出没して、潰そうにも潰れない場合があります。芯があるニキビを無理につぶそうとすると色素沈着をおこして跡になるので、大人のニキビケアには万全の対策をする必要があります。

大人ニキビと思春期ニキビの根本的な治療法

single_01-1

大人ニキビと思春期ニキビは生活環境やストレス等が影響することに共通点があります。しかし、肌のターンオーバーが早く自然治癒が優れている思春期の頃に大人ニキビと同じケアをすると強い刺激を受けて悪化することがあります。思春期ニキビと大人ニキビにはそれぞれのニキビケアが必要となります。

ニキビ跡知らずの思春期ニキビのケア方法とは?

思春期ニキビができてしまったら、ストレスと食生活を含む生活改善を目指すのが一番です。スキンケア商品や化粧品を使っている場合、全て中止することでニキビ対策に繋がります。

若いうちは自分で保湿する力が備わっているので、保湿しすぎるとアクネ菌が増える原因になります。肌の余計な皮脂を取り除いて刺激を与えないようにしましょう。酷いニキビの場合はニキビ薬を綿棒で塗るようにすると炎症が収まりやすいです。

素早く綺麗に治す大人ニキビのケア方法は?

大人ニキビは複合的な理由が原因で発生します。大人ニキビは肌の乾燥が原因となるので、保湿をして乾燥知らずの肌を保つことが大切です。保湿しすぎると皮脂が発生する原因となるのでお肌が気持ちいいと感じる適度な保湿加減を覚えましょう。

刺激が強い化粧をやめて生活改善をするのが何よりのニキビ改善になります。芯がある硬いニキビや炎症をおこしているニキビは抗生物質などの薬を塗って、キチンとニキビケアしましょう。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る