大人ニキビ対策の鍵!女性ホルモンの影響を知る

大人ニキビ対策の鍵!女性ホルモンの影響を知る

女性ホルモンの周期を知って、対策する

single_01-2

大人ニキビは女性ホルモンの周期に大きく影響を受けます。女性ホルモンの代表的なものとして、エストロゲンとプロゲステロンって聞いたことないですか?エストロゲンは肌のキメを整えスベスベと健康的な肌へ導く作用のあるホルモンです。

このエストロゲンは生理が終わった後、最も多く分泌されます。生理が終わると肌が落ち着く、調子が良くなると感じている人多くないですか?それはこのエストロゲンの働きのおかげです。もうひとつのプロゲステロンは大人ニキビを生み出す原因のひとつになりやすい、皮脂の分泌を促す作用を持っています。

個人差はありますが、プロゲステロンは生理がはじまる2週間前頃から分泌量が徐々に増え始め、1週間前にピークを迎えます。プロゲステロンの分泌がはじまると肌は不安定になり、ピークを迎える頃には大人ニキビがとてもできやすい肌の状態になっています。

生理前には必ず大人ニキビができてしまう人はこのプロゲステロンの影響を受けているからなのです。この周期をちゃんと理解していれば、対策が立てやすいですよね。肌の調子がいい時は普段のスキンケアでも大丈夫ですが、エストロゲンの分泌が多くなる時期はニキビケア専用の基礎化粧品でお肌をケアしましょう。

重点的に効率の良いニキビケアを行なえば、ニキビトラブルは格段に減っていきますよ。また、女性ホルモン周期の影響を受けてニキビのできやすい人は、エストロゲンが活発に分泌される生理2週間前には、寝不足や不規則な食生活、ジャンクフードや甘いものの摂り過ぎは避けましょう。より大人ニキビをできやすくさせてしまいます。お肌の外側からのニキビケアだけでなく、身体の内側からもニキビを作らせないよう整えていってください。

エストロゲン分泌期間のニキビケア

single_03-1

ニキビのアクネ菌を殺菌してくれたり、炎症を抑えたり、角質除去をしてくれたりと、さまざまな効果を持つニキビケア専用の洗顔・保湿ラインが出ています。あなたにあったニキビケア商品で、乾燥を防ぎお肌を整えるようにしてください。

洗顔は泡をたっぷりとネットなどで泡立て、直接手がニキビに触れないように、泡で洗うのが鉄則です。そして乾燥により皮脂を過剰に分泌させないよう、保湿は洗顔後から間を置かず、そしてたっぷりと潤うまで行なうことが基本です。コットンは大人ニキビに刺激を与えてしまうので、やさしく手で直接化粧水はつけましょう。

生理前に大人ニキビができるクセがついてしまっている人は、クリニックなどで処方された大人ニキビ用の塗り薬を予防薬として使うのもおススメです。できてしまったニキビにのみ有効なのではなく、できる前の大人ニキビにも効果を発揮します。まだ表面に出てきていないニキビの素も塗り薬で摘み取りましょう。

ニキビ跡が残らないようにするためにも、作らせないことがイチバンです。大人ニキビにとって重要なことは、作らせないためにどれだけケアしていくかです。ホルモン周期を参考に、ご自身に合った予防ケア行なってみてください。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る