Q&A・妊娠中はニキビが減る?

Q&A・妊娠中はニキビが減る?

「妊娠中はニキビが減って美肌になる」という噂があります。ニキビに悩む方にとっては、一回リセットするチャンスかもしれません。「一度はニキビを気にしない美肌になってみたい」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ずっと妊娠中のわけにもいかないのが実情です。さて、妊娠中は本当にニキビが減って美肌になるのでしょうか。もしそうなら、そのメカニズムはどのようなものなのでしょうか。

 

妊娠中はニキビが悪化する可能性もある

「妊娠したらニキビが減る」と楽しみにしていたのに、いざ妊娠したら悪化してしまった。ということもあります。これはニキビと女性のホルモンバランスが密接な関係にあるからです。女性のホルモンの中には男性ホルモンに近いものがありますが、これがバランスを失って多くなるとニキビ増大や肌荒れの原因になります。妊娠初期にはこのホルモンが多くなるので、肌荒れやニキビが起こりやすいのです。

 

妊娠と女性ホルモンとニキビ

妊娠と女性ホルモンは密接な関係にあります。そして、女性ホルモンとニキビも深い関係があります。この三角関係のバランスにより、ニキビが減ったり美肌になったり、または肌荒れを起こしてしまう原因にもなるのです。まずは、女性ホルモンは2種類あります。一つはエストロゲンという卵胞ホルモンです。もう一つはプロゲステロンという黄体ホルモンです。エストロゲンというホルモンはニキビを改善して美肌を作ってくれます。ところが一方のプロゲステロンは男性ホルモンに近いので増えすぎると肌荒れやニキビが増える原因になったりします。とはいえ、プロゲステロンは悪玉ホルモンとうわけではなく、妊娠をサポートする大切なホルモンです。プロゲステロンは受精卵を着床しやすくさせ、妊娠継続を促す働きがあるので、これを減らそうというのは妊娠中であれば本末転倒です。ともあれ、二つの女性ホルモンは妊娠中の時期に関係してきます。妊娠初期はプロゲステロンが増量され、受精卵の着床から不安定な妊娠初期を安定期へと導いていきます。ところが増量されたことによって、男性ホルモンに似ているホルモンのためにニキビや肌荒れが起こったりするのです。妊娠するとニキビが減ると思っている方はここで「妊娠してもニキビが減らない!」と思う瞬間です。妊娠が安定し始める15週目あたりになると、今度はもう一つのホルモンであるエストロゲンが急上昇します。このエストロゲンも妊娠を継続するために必要なホルモンで、分泌が多い時期は心も身体も安定しやすく、肌のコンディションが整えやすくなります。分泌は20週目までにプロゲステロンの分泌量を追い越してしまうので、ニキビは減り、美肌への経過を辿りやすくなります。出産前まで多く分泌されるので、ここでニキビ解消といきたいところです。

 

妊娠が終わると肌は・・・?

妊娠期間が終わる時、それは出産が無事に終わる時です。これを機に大量に分泌されていたエストロゲンとプロゲステロンは正常な本来のバランスに戻るために減少していきます。あまり急激なので普段のホルモン量を下回ってしまうことも。このホルモン変化についていけずに体調を崩してしまう方もいます。もちろんこれは肌にも影響が起こります。肌の状態は不安定になっているので、ケアが難しくなります。つまり、妊娠中はニキビが減るという朗報は、確かに朗報ですがほんの一時的なものということになります。しかし、美肌ホルモンエストロゲンを妊娠中とまではいかなくても多く分泌させることで、ニキビを予防し美肌への道を開ける可能性があります。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る