Q&A・メイクとの相性は?

Q&A・メイクとの相性は?

昔から「化粧はニキビに良くない」と言われてきました。確かに毛穴が塞がれることでおきるニキビのことを考えると、脂分たっぷりの化粧品やファンデーションは良いとは思えません。しかし一方で、化粧をしない顎や首、背中やお尻にまでニキビは出来てしまいます。化粧がニキビを発生させる・・とは言い切れないということです。ニキビとメイクの相性は本当のところどうなのでしょう。また、外に出る女性にとってメイクは身だしなみの一つ。「ニキビができているのでスッピン出社」とはいかないことが多いです。メイクでニキビを隠すことでストレスを軽減することもできますね。出来てしまったニキビとメイクとの上手な付き合い方も知りたいところです。

 

ニキビにメイクはNGなのか?

ニキビ発生している肌に脂分たっぷりのメイクをして、汗をかいて、汚れて、そのままメイクを落とさず眠ってしまう・・・となると絶対に良くありません。しかし、実際にはメイク自体はニキビを悪化させる原因にはなりません。メイクをする時にニキビに触れてしまうということは良くはありませんが。肝心なのはメイク商品をニキビの負担にならないものを選ぶことです。

 

ニキビに負担にならないメイク商品を選ぶ

ニキビが悪化するのは外部からの刺激が多いです。つまり、肌につけるメイク商品は肌への刺激が少ないものを選ぶのがコツになります。また、毛穴を塞ぐことでニキビができるので、毛穴を塞ぐようなウォータープルーフなどの高密着性のものや、皮脂を増やすものは避けたほうが良いでしょう。同じく毛穴を塞ぎやすい厚塗りしなければならないものも避けたいですね。「でも、ニキビをカバーできるメイクにしたい」というのも本音。そこで、化粧下地を工夫しましょう。この化粧下地は直接ニキビに触れることになるので、選ぶのは慎重にしたいところです。ニキビを隠すためにカバー力だけにこだわると肌に負担になります。光拡散機能のある薄付きタイプが良いでしょう。ニキビ対応のものだとグリチルリチン酸などのニキビケア成分が含まれていたりするので「ニキビケア用」と明記してあるメイク商品にも注目です。例えばDHCや食おうアクネケアボアカバーベースとコンシーラーや、HINアクネスラボの薬用BBクリームなどがあります。抗炎症作用に優れ、血行を促進させる成分なども入っているので、ケアもできるし、ニキビの凹凸もカバーという感じです。

 

メイク時の注意点

ニキビ肌のメイクには、清潔が一番大切です。肌に触れる手はもちろん、ファンデーションのスポンジなどは使い捨てタイプが良いでしょう。昨日の肌の汚れ付のファンデーションを今日の肌に塗り塗り・・ということは避けないところです。ニキビにダイレクトに雑菌を塗っているようなものです。また、肌を刺激するものはニキビにも刺激を与えて悪化させます。ファンデーションやチークなどでブラシを使うものは、毛先を寝かせて肌に触れさせます。ニキビの状態が炎症状態の場合は、パウダーを清潔な指に取って、トントンと置くようにカバーしてあげましょう。メイク後はしっかりクレンジングと洗顔をし、保湿します。しっかりと肌をリセットして癒してあげることで、次の日のメイクにつながるのです。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る