部位別ケア・ほっぺたとおでこ

部位別ケア・ほっぺたとおでこ

ほっぺた=頬はUゾーンの一部で、おでこ=額はTゾーンの一部です。額にニキビができるのは思春期ニキビに多く、頬は思春期にもできますが、大人ニキビで主にできやすい部分です。原因はそれぞれ異なりますが、共通しているのは「大人ニキビ」でも出来やすいという点です。一番顔の部分で人の目に晒されがちな部分ですから、これが思春期ニキビでも大人ニキビでも女性の美容には大問題の部分なのです。

 

おでこニキビ

Tゾーンの一部であるおでこは、皮脂分泌量が多いことでニキビゾーンとも言えます。皮脂が多いので早い段階でのケアや治療が必要で、あっという間に悪化して炎症を起こしてニキビ跡になってしまうのです。おでこニキビのケアポイントは皮脂コントロールともいえるでしょう。主に思春期にこの部分にニキビを経験した方は多いのではないでしょうか。毛穴の詰まりが原因ではありますが、内部に皮脂が溜まり、その皮脂を好むアクネ菌が繁殖し、炎症を起こしてニキビを長期化させます。思春期には格好が悪いからと前髪を長く垂らしておくこともあるかもしれませんが、ニキビにはこれがNGです。前髪の先端はニキビを刺激し、外に常に露出している髪の毛は汚れや雑菌の宝庫です。これがニキビに触れると化膿する要因にもなってしまいます。

 

ほっぺたニキビ

ほっぺたニキビは大人ニキビのできる部分の代表格です。が、思春期にもできてしまうことはありますね。ほっぺたニキビがなぜ大人ニキビの類に入るかというと、原因が乾燥肌やホルモンバランスの乱れだからです。思春期ニキビが皮脂の過剰分泌ということを考えると、同じ顔ニキビなのに違うことがわかります。原因が違うので、ケアや対処も違ってきます。おでこニキビがひたすら清潔だったことに比べて、ほっぺたニキビは乾燥で崩れた肌バリアを復活させるところから始まります。清潔はもちろんですが、ゴシゴシ洗うのではなく、優しく洗顔してたっぷり肌に水分補給してあげて、それを閉じ込めるようにしっかりと保湿します。また、ホルモンバランスの乱れが原因であることも多いので、リラックスできる時間を作り、規則正しい生活をすることでストレス等の原因を解消しましょう。

 

ほっぺた片方だけニキビ

条件が同じならほっぺた両方にニキビはできるものでしょうが、片方だけ繰り返しなってしまうことがあります。これは寝具の衛生状態が問題視されています。夜間はかいていないようで汗を大量にかいたりしているので、寝具は意外と汚れます。普段眠る方側の枕や寝具を見直してみましょう。常に接触しているところが汚れていれば、毎晩雑菌の上にほっぺたを乗せているようなものです。洗濯したからといって一晩でニキビが治るわけではありませんが、寝具を交換したり、洗濯したりすることで徐々に改善されていくこともあります。

 

ピーリングやホルモン治療

治療法はいろいろありますが、大人ニキビが原因となっていそうな場合は、ピーリングなどの肌に刺激を与えるものはオススメできません。大人ニキビの場合は肌バリアが崩壊している可能性が高いので、角質層を溶解して剥がすピーリングは逆効果の場合もあるからです。逆に、今後を視野に入れたニキビ予防を含めた治療を皮膚科で行うなら、ホルモンバランスを女性ホルモン優位に整えるホルモン治療が良いでしょう。男性ホルモンの過剰分泌で起こるニキビならば、男女関係なくオススメです。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る