男性ホルモンとニキビの関係に注目

男性ホルモンとニキビの関係に注目

ニキビとホルモンの関係は密接です。特に男性ホルモンはニキビの原因の皮脂の過剰分泌に繋がっています。「え?女性でも男性ホルモンが関係あるの?」と思われるかもしれませんが、女性の体内でも男性ホルモンは分泌されているのです。女性も男性ホルモンとニキビの関係には注目に値しますよ。

 

男性ホルモンとは?

そもそも男性ホルモンとは何でしょう。男性の中にあるから男性ホルモンだと思っていた方も多いでしょう。確かに男性は精巣から男性ホルモンであるテストステロンを分泌されます。ところが、実は女性も卵巣でテストステロンが作られているのです。もちろん量は男性よりずっと少なくて、10分の1程度。男性ホルモンが多いと皮脂分泌が旺盛になりますから、肌が油っぽい男性を多く見るのはこのためなのです。

 

男性ホルモンとホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが大切なことは女性はよくご存知でしょう。しかしどのホルモンがどのような状態になるとよくないのかは、ホルモンの種類と影響を及ぼす先で違ってきます。男性ホルモンは皮脂の分泌量を増加させる働きがありますから、バランスを崩して男性ホルモンが増加してしまうと、皮脂腺が刺激されて女性でも皮脂過多という状態になります。元々女性は皮脂過多な肌は持っていませんから、毛穴はすぐに詰まってしまいます。男性ホルモンの影響が強いときには角質が厚くなるので、大人ニキビの条件が揃ってしまいますね。男性は皮脂過多に陥りやすく、悪化しやすいのですが、女性はこの状態からファンデーションなどの化粧で更に塞いでしまうという悪循環があります。また、男性ホルモンを受けやすい身体の部分というのもあります。ちょうど男性がヒゲが生える部分のフェイスライン(Uゾーン)です。男性ホルモンだけでなく、ストレスが原因の場合でもここがニキビ発生地点になりやすいです。しかし全てニキビは男性ホルモンのせい・・・というわけではなく、Uゾーンや花の下、口周りにニキビが出来やすい方は男性ホルモンが原因の可能性大です。

 

なぜ男性ホルモンが増えるのか?

女性なのに、バランスが乱れたとはいえ「なぜ男性ホルモンが増加するのか?」ちょっと疑問に思いませんか。これは抗ストレスホルモンである「コルチゾール」というものが分泌されるからです。人間はストレスを感じると、ストレスに対抗しようとして副腎皮質からコルチゾールを分泌し、睡眠中などに活性化されて体内の代謝を促し、昼間にさらされるだろうストレスへの準備をします。このコルチゾールが男性ホルモンの分泌も増やす役割をもっているのです。ストレスを受けるとホルモンバランスが崩れてニキビになりやすい・・・この仕組みです。

 

コルチゾールは悪玉?

では、ニキビの原因になる男性ホルモンを増加させるコルチゾールは悪玉でしょうか?いいえ、実はストレスから私達を守ろうと分泌される守護者なのです。大人になると社会で様々なストレスにさらされますが、それに勝って生き抜いていけるような身体と精神状態を用意しようとしてくれます。ストレスによって交感神経が活発になるとバランスが崩れて男性ホルモン分泌が活発になります。まずはリラックス。そもそもは、根本のストレスを一つひとつ解決していければコルチゾールの出番がないのですが。

 

 

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る