治療・ホルモン治療

治療・ホルモン治療

ニキビは肌の表面に出来るので、表面からの治療というのは当然となります。しかしこれだけだと、治癒と再発を繰り返したりするリスクがあります。できることなら根本的に治療したい。そもそもニキビが出来にくい肌になりたい。それがホルモン治療です。特に男性ホルモンの分泌過多からニキビが発生する大人ニキビ。ホルモンを整える治療は有効的でしょう。

 

大人ニキビと男性ホルモンの関係

結構誤解されがちなのが大人ニキビの原因です。思春期ニキビと同じように皮脂過剰分泌と思われることが多いですね。実際はホルモンバランスが崩れることが原因で、男性ホルモンが大きく関わってきます。女性からすれば「女性でも男性ホルモンが関わるの?」と疑問に思いますが、女性の体の中でもちゃんと女性ホルモンと男性ホルモンが作られて分泌されています。女性なら女性に必要なだけの割合で分泌されているはずなのですが、バランスが崩れてしまうと、本来大人しいはずの男性ホルモンが過剰分泌されてしまうという事態になります。男性ホルモンは肌の角化細胞を増殖して肌の柔軟性を失わせる作用があります。角栓が毛穴詰まりを引き起こし、白ニキビなどニキビ初段階に至ります。さらに男性ホルモンは皮脂過剰分泌を促進する作用まで持ち合わせていて、角栓が詰まった毛穴に皮脂を溜めてしまうというニキビ悪化へのレールをひいてしまうのです。ここに皮脂を好む菌のアクネ菌が繁殖するとあっという間に炎症を起こして赤ニキビになってしまいます。このように初期段階から悪化まで関わるのが男性ホルモンなのです。体の中でのこのような変化に対して、肌表面の治療しかしていないと繰り返しニキビができてしまうとはこういう関係性なのです。

 

ホルモン治療とは

さて、ホルモン治療とは実際どのようなことをするのでしょうか。まずそのメカニズムですが、女性ホルモンを補給するところから始まります。これは、女性ホルモンには男性ホルモンを抑制する働きがあるからです。実際は女性ホルモンに類似した働きの成分を擬似ホルモン剤として服用します。擬似ホルモン剤と言われてもピンときませんが、これがよくきく「ピル」というものになります。避妊薬として有名ですが、女性ホルモンのエストロゲンが含まれています。他にも擬似ホルモン剤はあり、イソフラボン、エストロンなどがあります。

 

外用薬でホルモン治療?

ピルなどは内服するホルモン治療薬ですが、外用薬でホルモン治療もあります。女性ホルモンを含んだ軟膏を使って、ニキビができているところに重点的に塗布するものです。内服薬と併用して使われることが多く、ホルモンバランスのキープの他に即効性も期待できるので、ホルモン治療を得意とする皮膚科医にかかってみるのも一手です。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る