大人ニキビの外的要因・化粧

大人ニキビの外的要因・化粧

肌を覆うもので肌本来のものではないもの・・・それは化粧です。ニキビが出来ている時はもちろん、化粧はニキビが出来やすくなるとまで言われています。ですが、現実的には大人が社会生活を送る上で一切メイク無しというのも難しいでしょう。ニキビと化粧の関係を把握して毎日の化粧に有効活用したいですね。

 

化粧はニキビの原因か

化粧がニキビの根本的な原因かというと、そうは言い切れません。かといって全く関係ないとも言えません。ニキビが出来るメカニズムは、ホルモンによる毛穴の収縮と、角質層の乾燥による角栓、そこに溜まる皮脂です。例えばリキッドファンデーションなどは肌が滑らかに綺麗に見えますが、油脂を多く含んでいます。この油脂が一日中毛穴に汚れと共に溜まり、毛穴の中の脂肪を酸化させニキビ発生に繋がります。また、日焼け止めで乳液タイプやウォータープルーフタイプは落ちにくい反面しっかりと肌に着いていて毛穴の奥に洗顔後も残りがちです。これもニキビ発生に繋がりますね。肌のシミなどを隠す今シーラーも同じ理由でニキビに繋がるので、注意しながら使用したいところです。

 

化粧と刺激

化粧とニキビの関係としては、化粧の油脂が毛穴に残ることが危険因子ですが、ニキビが出来やすい肌状態というのも問題があります。ニキビが出来やすくなっている状態の肌は、肌バリアが弱まっていて、肌トラブルを起こしやすい状態にあります。その場合、刺激性の化学物質を含んだ化粧品を使用すると、肌荒れなどニキビの前段階へと肌が悪化していきます。化粧品を長持ちさせるための保存料や防腐剤は、化粧品を開封してから菌が繁殖しないためのものですが、これが皮膚炎やアレルギー反応を起こしたりします。メチル・プロピル・ブチル・エチルパラベン・フェノキシエタノールなどです。保存料が使用されてないとされていても、指定された以外のものが入っている可能性もあります。この他に泡立ちを良くする成分や見た目を良くする合成着色料、香料なども刺激になる可能性があります。低刺激の化粧品を使ったり、自分の肌に合った化粧品を選ぶべきでしょう。

 

ニキビにならない化粧

ニキビになりたくない、でも化粧は必須という場合には工夫が必要です。まずは油脂の多いリキッドファンデーションからパウダータイプのものにします。毛穴が詰りにくく、パウダーに含まれる酸化チタンなどが紫外線対策になります。日焼け止めを塗りこみリキッドファンデーション・・・というよりは、日焼け予防兼に機微予防になります。また、ニキビが出来やすいのは女性は排卵期が終わり生理が始まるまでの約2週間で、黄体ホルモンが影響しています。この間の化粧は極力控えめな化粧を心がけたいところです。逆に生理が終わってから排卵期までは、エストロゲンというホルモンが分泌されて肌が安定します。この時期にニキビを集中ケアすると効果的です。普段の化粧は長時間放置すると油脂が酸化しますから、パウダータイプのファンデーションなどでの化粧直しが効果的です。適度なあぶら取紙の使用も良いでしょう。そして、帰宅後はすぐに化粧を落として、化粧が肌に乗っている時間を短くしてあげましょう。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る