大人ニキビの内的要因・細菌の増殖

大人ニキビの内的要因・細菌の増殖

白ニキビ・黒ニキビであった頃のニキビはまだ炎症を起こしておらず、毛穴が塞がっている状態でした。これが赤くなると赤ニキビになりますが、炎症を起こした状態です。炎症を起こす原因は細菌の増殖です。代表格としてはアクネ菌・マラセチア菌で、増殖して赤くニキビを腫らしてしまいます。細菌の特徴を知り、赤く腫らすメカニズムを理解したところでケアの秘訣と予防を考えたいですね。

 

アクネ菌とは

ニキビの菌として一番有名なのが「アクネ菌」です。とにかく悪玉アクネ菌退治!ということで洗顔料や化粧水なども売られていますね。このアクネ菌の正式名称はプロピオバクテリウム・アクネスといって、通称アクネ菌となります。ニキビにとって悪役ですが、実は常に肌にいる「常在菌」で、完全にゼロにまで退治するということが難しいものです。アクネ菌は大きく区分すると悪玉が2種類と善玉が1種類で成り立っています。善玉は肌を弱酸性に維持して病原菌繁殖を抑制します。悪玉は毛穴の中で皮脂を食べて分解するもので、この悪玉がニキビの原因になる毛穴の皮脂を好んでしまいます。もしもアクネ菌の善玉だけが増えてくれるならニキビ予防にもなるのですが、毛穴が角栓で詰り皮脂が溜まると悪玉が増殖してしまいます。アクネ菌による炎症が起こるのは遊離脂肪酸が酸化し過酸化脂質になった場合なので、ビタミンC/Eなどの抗酸化物質や誘導体を含む化粧水などを用いることで防止できるとされています。もっとも、アクネ菌悪玉増殖を防ぐには、毛穴を詰まらせないということが先決なのですが。

 

マラセチア菌

マラセチア菌はアクネ菌よりも知られていないかもしれません。ところが、ニキビの主な原因がマラセチア菌というのですから重要度は大です。特に胸ニキビや背中ニキビなどの顔以外に出来た場合はマラセチア菌の対策が必要でしょう。正式な病名は「マラセチア毛包炎」といい、カビの一種です。痒みや痛みはあまり伴いません。自然治癒の可能性は低いのですが、医師による治療と抗真菌外用薬などの処方により快方に向かう可能性が高いです。マラセチア菌はアクネ菌と同じく常在菌で、増殖の仕方も同様で皮脂を好む性質になります。マラセチア菌もアクネ菌のように5種類から成り、このうちマラセチアファーファーが毛穴に入ったところで免疫反応により炎症が発生するメカニズムになっています。

 

菌とニキビ発生のメカニズム

アクネ菌・マラセチア菌といった菌は常在菌という常に人間の肌に住んでいる菌です。この菌が肌にいるからといって100%ニキビになるかというと、そうではありません。ここにある条件を加えるとニキビ発生のメカニズムになるのです。まずはこの二つの菌は嫌気性という空気に触れることを嫌う性質があります。角栓によって塞がっている毛穴は密閉状態なので、菌にとって好都合ということになりますね。もう一つは脂質を好む性質です。毛穴が角栓で塞がると、出口のない皮脂が溜まっていきます。これは二つの菌にとって居心地の良い環境になります。身体のホルモンバランスを正常に整えて皮脂過剰分泌を防ぎ、保湿ケアをしてアクネ菌・マラセチア菌の悪玉の居心地を作らないことがニキビ防止の近道でしょう。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る