大人ニキビの内的要因・皮脂分泌量

大人ニキビの内的要因・皮脂分泌量

ニキビができる要因の代表格として「皮脂分泌量」があります。思春期ニキビの時には、この皮脂分泌量が成長期の男性ホルモン分泌量増加に伴って増加して毛穴を塞ぐことが原因です。思春期ニキビは成長期の一時なので自然に治ることが多いですね。大人ニキビの場合は思春期ニキビと発生原因が異なるので、皮脂分泌量に対する対処も違ってきます。

 

大人ニキビと皮脂分泌量

思春期ニキビの原因が皮脂分泌量増加という単体であるのに対して、大人ニキビの原因は複数あって対処が複雑です。皮脂分泌量を抑えれば良いという対処はNGなので、原因に合った対処が必要です。また、大人ニキビは「そのうち皮脂分泌量が少なくなって自然治癒する」というものではないので終わりが見えず楽観できません。大人ニキビの原因はターンオーバーの乱れや化粧品などによる毛穴の詰り、女性の場合黄体ホルモンの影響などもあったり、ストレスや睡眠不足など生活習慣なども関わってきます。もちろん皮脂分泌量も関係していて、多すぎれば毛穴を塞ぐ原因になります。しかし皮脂分泌量を過剰に抑えようとすると、肌は乾燥して大人ニキビの原因にもなるのです。

 

皮脂腺が多いところにニキビができる?

皮脂分泌量過剰が原因の思春期ニキビは、皮脂腺が多い額やTゾーンなどに集中します。大人ニキビは過剰分泌が原因だけではないので、皮脂腺が少ないところにもニキビが発生してしまうので「あれ?こんなところにニキビが!」と驚くことも。フェイスラインなどに出来やすく、服などに擦れて悪化することもあるので、初期症状を見逃さないのもケアのポイントです。

 

皮脂はある程度必要なもの

ニキビ予防上では皮脂は除去対象にされがちですが、皮脂は元々健康な肌にあるものです。また、健康な肌を外部刺激から保護するために必要なものです。完全に落とそうとすると、肌本来の防御力を失ってしまうことに。皮脂分泌量が多いせいだと思い込んでゴシゴシ洗顔していると、肌は防御を失い、水分保持機能も失って乾燥へと進んでいきます。

 

男性ホルモンと皮脂分泌量

ある程度の皮脂分泌量が必要ではありますが、過剰分泌は困りものです。原因は色々ですが、男性ホルモンが関係してくることが分かっています。大人ニキビの原因の一つであるストレスなどは交感神経を優位にしてしまい、男性ホルモンの生成を促します。男性ホルモンは皮脂を過剰分泌させて、角質の柔軟性を失わせてしまうと、毛穴に角栓が詰り皮脂が溜まりやすくなり、アクネ菌が繁殖してニキビになっていきます。

 

皮脂分泌量のコントロール

皮脂は必要であり、かといって過剰分泌はニキビの原因になるということで、適切なスキンケアで皮脂分泌量をコントロールする必要があります。洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシ洗ったり、刺激の強い化粧水をつけるのもNGです。保湿もクリームを塗りすぎるのも皮脂分泌量の正常化にはマイナスです。女性はあぶらとり紙などを使用することが多いのですが、これも頻繁に行っていると逆に皮脂分泌量を多くしてしまうという結果に。本来の肌に近づけるケアのコントロールが必要で、大人ニキビには生活習慣や食生活の見直しが有効だといわれています。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る