大人ニキビの内的要因・水分

大人ニキビの内的要因・水分

大人ニキビは、これまで原因とされてきた肌の油分量が影響すると考えられていましたが、現在は肌の水分量が部分的に減少する部分乾燥状態が大きな要因とされています。水分は人間にとってそもそもとても大切なもの。外面内面から水分と肌をみていきましょう。

 

肌に水分補給を

肌に水分補給をというと、女性なら毎日使う化粧水が注目されます。化粧水の働きは、肌の油分と水分のバランスを保って潤わせ、配合されている成分により肌環境を整えることにあります。ただの水をつけただけでは、そこからどんどん蒸発してしまいますね。では、化粧水に入っていて欲しい成分とは何でしょう。まずは美白効果もあるビタミンC誘導体です。余分な皮脂を抑えてくれますし、ニキビ跡にも有効です。グリチルリチン酸はあまり聞き慣れない成分かもしれませんが、甘草エキスの成分で炎症を抑える働きがあります。オイル・アルコールフリーであることも肝心です。オイルはアクネ菌の養分になって悪化の要因になりますし、アルコールは肌を刺激し乾燥させてしまいます。化粧水の表示には「ノンコメドジェニック」と表記されているとなお良いですね。これはニキビができやすい成分を使用していないという意味です。

 

化粧水に入っていて欲しくない成分

逆に入っていて欲しくない成分は、殺菌成分。アクネ菌などを除去しようとして入っているものを選びやすいのですが、肌本来の殺菌の働きを低下させたり、肌の余計な刺激になる可能性があります。イオウもよく化粧水には使われていますが、乾燥するため大人ニキビには不向きです。また「ニキビに効く!」という表示には注意が必要です。それは大人ニキビ用ではなく思春期ニキビ用かもしれないからです。思春期ニキビは皮脂を取り除いて乾燥させようとするので、大人ニキビには向いていません。

 

水分は内面からも

体調が悪いと肌にも出てきたりしますね。体調を整えたり、身体を作る口にするものも大切な肌の成分です。よく人間は水を一日に2リットル飲むほうが良いと言われていますが、ニキビもこれに関係しています。水分補給を適切にすることによって、代謝が良くなって老廃物排出がスムーズになります。便秘はニキビに悪いといいますが、この点でも水を適切に飲むというのは活躍します。できれば水を飲むタイミングは寝起きや朝昼晩の食事の時、入浴後です。このタイミングは体内の水分が失われている時です。特に寝起きは、暑くて汗がビッショリというわけではなくても、寝ている間にコップ一杯分は汗をかくといわれています。このタイミングで水分補給しないと身体も肌も乾燥状態ということになりますね。水分は多く摂ればよいというものではなく、多く取りすぎると色々弊害があるので注意しましょう。ちなみに、カフェインを含む飲み物の過剰摂取はシミの原因に繋がるので飲みすぎないように。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る