大人ニキビの内的要因・アルコール

大人ニキビの内的要因・アルコール

お酒はお好きでしょうか。飲めない方もいらっしゃいますが、ニキビが悪化しそうで量を控える方もいらっしゃいます。顔がお酒で赤くなるとニキビが浮いて目立って見えることもありますので、お酒の席でも気になるところです。では、お酒アルコールとニキビにはどんな関係があり、どんな影響があるのでしょうか。お酒の席でニキビが目立つだけのことではないようです。

 

アルコールの性質

アルコールとニキビの関係を知るには、まずはアルコールの性質を改めて見直してみましょう。アルコールは血管を膨張させ、血行促進する力があります。お酒を飲むと身体が温まるので、風邪をひいた時に卵酒などを飲む方もいらっしゃいますね。お酒の種類によって成分比率は違いますが、ビールや日本酒には糖質が多く含まれています。ニキビにはこの糖質が大きく関わってきます。お酒は多く飲むと、飲んだアルコールを分解する肝臓にも影響を及ぼします。アルコール分解で疲れた肝機能は、やはりニキビ発生に関わってくるのです。

 

アルコールがニキビに及ぼす影響

血行は良いほうが良いような気がしますし、お酒は百薬の長とも言われます。しかしやはり、良いことばかりではないようです。その血行の良さは毛穴に炎症を起こしてニキビができやすい状態にしてしまいます。既にニキビが出来ている場合にはかゆみを発生させたりもします。また、お酒を飲むと食も進んだりしますね。おつまみに天ぷらやから揚げなど揚げ物を多く食べると、お酒の糖質プラスおつまみの脂質糖質で皮脂分泌が過剰になってしまいます。お酒を飲むとニキビが悪化するように直接感じるのはここでしょう。さらにアルコールを分解する肝臓の肝機能が弱ると、体内に毒素が溜まりやすくなります。この毒素がニキビとして影響してきます。アルコールを分解する際には、体内のビタミンを必要としますが、特にビタミンBという肌に必要な成分が肝臓に使われてしまうので、肌はビタミンBが不足してニキビが出来やすくなってしまいます。

 

アルコールとニキビの間接的な関係

飲み会の帰りに締めのラーメンは美味しいかもしれませんが、ラーメンは糖質を多く含んでいるので、お酒+おつまみ+ラーメンの糖質となってニキビ要因の上乗せになってしまいます。お酒を飲んで帰ってそのまま眠っちゃった!なんてこともありますよね。帰宅後に化粧を落とさず眠ってしまうと、毛穴にずっと皮脂や化粧が詰まっている状態になってしまいます。そのまま眠ってしまうわりには、アルコールは睡眠を浅くしてしまうので、良質の睡眠を確保できなくなります。これは男性ホルモンが活性化する原因になり、皮脂が多く分泌されてニキビの原因になります。

 

お酒の糖質を少なくする

お酒は種類によって成分比率が違います。ニキビの要因となる糖質も種類によって異なるので、糖質が少ないお酒を選択するのも一手です。お酒は醸造酒・蒸留酒・混合酒に大きく分けられます。穀物や果実を発行させたビールや日本酒やワインは醸造酒といって、糖質が多い部類になります。一方醸造酒を蒸留した焼酎やウイスキーなどは糖質がゼロに近いのでおススメです。混合酒は梅酒など蒸留酒に果物と砂糖などを入れたものですが、こちらは蒸留酒を使っていても糖質が高くなります。もっとも、醸造酒の日本酒などは美容に良いアミノ酸が含まれていたりするので、好きなお酒を自分の適量飲むというのが一番かもしれません。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る