大人ニキビの内的要因・アクネ菌皮脂

大人ニキビの内的要因・アクネ菌皮脂

ニキビ関連で有名なのが「アクネ菌」という単語です。ニキビを気にする人用にアクネ菌を退治するような洗顔料も発売されていて、わりと一般的に聞いたことがあると思います。しかし実際には、アクネ菌がどのような性質の菌で、どのような働きをして、どのように困ったことを起こすのか知らない人も多いでしょう。ニキビのケアのためにも、洗顔料などを購入するための知識としても、アクネ菌の実態を知っておきましょう。

 

アクネ菌は悪玉菌?

アクネ菌の正式名称は『プロピオニバクテリウム・アクネス』。アクネ菌と聞くと、ニキビを作る悪玉菌のイメージがありますが、皮膚を弱酸性に保ったり、病原菌の繁殖を抑えたりする良い働きの性質も持っています。つまり、肌にとって必要な菌なのです。ニキビのない人にはアクネ菌が存在しないのではなく、全ての人の顔に存在する常在菌です。常在菌は常に人間にいる菌といって、腸内細菌も同じく常在菌です。ニキビ=アクネ菌がいるという図式にはなりません。

 

アクネ菌が悪玉になるとき

では、なぜ一般的にニキビができるとアクネ菌を除去しようとするのでしょうか。それは、アクネ菌の繁殖の仕方に原因があります。アクネ菌は皮脂線の周りに生息していて、皮脂を栄養源として繁殖しています。普通の健康的な肌でもこのように生息しているのですが、特に毛穴の詰りがひどく、皮脂が過剰分泌している状態を好んで繁殖します。通常よりアクネ菌が繁殖して皮脂を分解して脂肪酸を作りだし、炎症を起こしやすく大人ニキビへと発展してしまうのです。炎症する赤ニキビにアクネ菌が関与するのもこのためです。

 

アクネ菌の繁殖を防ぐ

アクネ菌の繁殖の理由が『皮脂』ということで、この皮脂を取り除くことが繁殖防止になります。つまり洗顔が効果的なのです。夜だけ洗顔する方は、朝も洗顔しましょう。ニキビ用の洗顔料を用いたりするのも良いでしょう。ただし、皮脂を洗顔で取り除いてアクネ菌を除去しようとゴシゴシ洗顔していると、皮膚が乾燥してきて本来の肌の健康なバリア機能を損なってしまいます。そうするとまたニキビの原因の元になってしまいます。また、乾燥した肌の皮脂を補おうとして過剰に分泌される恐れもあるため、洗顔のし過ぎも注意が必要です。グッズとしては洗顔料や塗り薬などに目を向けがちですが、ゴシゴシ擦らない洗顔や、ゴワゴワのタオルでゴシゴシというのも基本ケアからするとNGです。正しいお肌のケアが、アクネ菌の本当の繁殖防止なのです。美容皮膚科などでは近年レーザー治療や光治療などでアクネ菌の殺菌と肌の皮脂分泌量抑制をしていて、ニキビが出来にくい肌を目指すために女性に注目されています。ここでもアクネ菌だけを退治すればよいということではないのが分かりますね。自分では上手にケアできない、ニキビがだんだん酷くなる・・・などの場合は医師に相談してみるのも一手です。

12/8⑫【大人ニキビの内的要因・皮膚の乾燥】

「自分の肌が脂性だからニキビができるのだ」と思っている方は多いですね。逆に乾燥肌の方は「ニキビは出来にくい」と思い込みがちです。しかし実は乾燥肌でもしっかりニキビはできてしまいます。なぜ、どうして乾燥肌でも大人ニキビはできるのか。メカニズムや原因、そしてケアを探ってみましょう。

 

普通のニキビと乾燥ニキビ

普通のニキビの原因は毛穴に皮脂が溜まって詰り、アクネ菌などの作用もあって炎症を起こしていくというメカニズムです。一方「乾燥ニキビ」は乾燥を補うために分泌された皮脂が過剰に分泌されてしまい、毛穴が普通のものより詰まりやすくなっています。つまりニキビができやすいということになります。そもそも乾燥肌というのは肌の皮脂分泌が少ないため、肌本来のバリアである皮脂膜が貧弱です。そのため角質層の水分が大量に蒸発してしまい、角質層は水分を失って古く堅くなっていきます。毛穴も細く弱くなります。この細くなった毛穴に皮脂や乾燥した角質が詰まりやすく、ニキビになっていくのです。乾燥肌は結果的に皮脂過剰な肌と同じく、ニキビができやすい肌なのです。

 

ニキビの原因である乾燥対策

乾燥が原因のニキビには、乾燥対策が必要となります。たっぷりの水分補給はもちろんですが、それを保持するための皮脂膜を確立してあげなくてはいけません。つまり、水分と油分のバランスが必要になるのです。普段の保湿ケアはもちろん、補給した水分を保持するための皮脂膜が正常であるために角質層が正常に機能している必要があります。「では、肌にクリームをたっぷり塗っておけばよいのでは?」と思ったりしますが、クリームなど外部から油分を繰り返しつけていると、皮脂膜を自力で作る機能を弱めてしまうこともあります。さらに、クリームに含まれる界面活性剤が皮脂膜を溶かして角質層を傷めてしまう可能性も。乾燥対策はクリームを塗っておけば大丈夫というものではないのです。では正しい乾燥対策とは。肌細胞の栄養源に近い成分、糖類・多糖類・アミノ酸などの成分パックで角質層を整えていきます。パックの後は同じ成分のノンオイルのローションで保湿をします。肌にはなるべく刺激や負担をかけないようにします。普段の洗顔には、殺菌作用のあるものは刺激になるので避けたいところです。自分の肌に合った、ヒリヒリしたりしないものが良いですね。

 

思春期ニキビとは違うケアを

思春期ニキビを経験された方は、とにかく過剰に分泌された皮脂を取り除くために洗顔と清潔を保つのが肝心とケアされるでしょう。確かに洗顔と清潔は大人ニキビにも必要ですが、それだけでは大人ニキビは完治しません。肌の乾燥から来る古い角質の蓄積には、ゴシゴシ洗顔しているだけでは逆効果だからです。また、女性はメイクをしますから、クレンジング方法も大切です。間違っても忙しいからといってササッととっただけ、というのはお肌にマイナスです。崩れにくい落ちにくい化粧品も多いので、メイクが残らないようケアをしていきたいものです。特に口周りや目元・頬は乾燥しやすいので丁寧にケアしましょう。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る