大人ニキビのしくみ・黄体ホルモン

大人ニキビのしくみ・黄体ホルモン

ニキビには色々なホルモンが関与してきます。女性なのに男性ホルモン関係あったりビックリなことも。ここでは女性ホルモンの一部である黄体ホルモンについてです。さて、黄体ホルモンはニキビにとって敵か味方か、そもそも身体の中でどんな働きをするものなのか、女性なら必見どころです。

 

黄体ホルモンとは

女性にとって一大事業である           妊娠出産に関わるのが「黄体ホルモン」です。非常に重要なホルモンで不足すると不妊に繋がったりしいます。黄体ホルモンは卵巣で作られ、プロゲステロンとも言われます。排卵から次の生理が始まるまでの約2週間の間、 が増え続けます。分泌が増え続けることで受精卵が子宮に到達したときに着床しやすいよう子宮内膜を柔らかくし、体温を上げる作用もあります。

 

黄体ホルモンとニキビ

黄体ホルモンは大切なホルモンではありますが、しかし大人ニキビにとってはどうでしょうか。生理が終わったところでニキビができたりしませんか?この時期に活躍しているのが黄体ホルモンプロゲステロンです。実は黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きがあります。皮脂を過剰に分泌させ肌コンディションを不安定にさせます。また、体温を上げる働きがあるので炎症を起こしやすい状態になります。肌の水分量も減って乾燥も進みます。大人ニキビには乾燥は大敵です。

 

黄体ホルモンとニキビケア

女性の体にとって大切なホルモンである黄体ホルモンですから、ニキビのために無くしてしまうわけにはいきません。では、どう付き合い、どうケアしていけばよいのでしょうか。黄体ホルモン期は敏感肌期でもあるので、刺激の少ないマイルドな洗顔料で余分な皮脂を取り除きます。次にしっかり保湿して乾燥を防ぎます。ビタミンC誘導体化粧水などで、肌の油分水分調整を図っていきます。体調も同時に調整していきましょう。高温期とあってちょっとダルイし夜よく寝付けなかったりします。もちろん睡眠不足は大人ニキビの敵です。6時間から8時間は睡眠を確保したいものです。肌が脂っぽくなるので、食事は油分控えめで。ビタミンB群は皮脂分泌を抑える作用があるので意識して摂取したいものです。ビタミンBと言われても流石にすぐにピントはこないものですね。例えばB1なら玄米やゴマ、B2ならレバーや大豆、B6などは魚などに含まれています。玄米にワカメの味噌汁、マグロの刺身、納豆、なんてメニューはいかがでしょうか大人ニキビの原因にならないようルシーかつお肌によい食事になります。

 

むくみと冷え

黄体ホルモン期はむくみやすい時期ですし、冷えでホルモンバランスを崩しがちになります。そこで冷えから便秘などで大人ニキビの原因にならないよう、普段のちょっとした食生活の工夫で予防や解消を目指せます。キュウリや海藻類が良いので、海藻サラダなどはいかがでしょう。キイウイフルーツも効果的です。キイウイフルーツをたっぷり使ったキイウイフルーツサンデーやあジュースは美味しくて癒しにもなります。冷えは良くないので、暖かい飲み物もオススメです。おしゃれなカップでハーブティーなどいかがでしょう。夜よく眠れますし、リラックスタイムにもなります。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る