大人ニキビのしくみ・男性ホルモン

大人ニキビのしくみ・男性ホルモン

ニキビに「男性ホルモン」が関与しているというと「私は女性だから男性ホルモン関係ないと思うんだけど?」という女性もいらっしゃるでしょう。実は女性にも男性ホルモンを体内で作り出すことができるのです。どこで、どのように、女性の身体の中で作られるのか、そしてその男性ホルモンはニキビにどう関与していくのかをメカニズムを知っておきましょう。ニキビについては男性ホルモンは重要課題です。

 

男性ホルモンとは

ニキビと男性ホルモンの関係を知るには、まずは男性ホルモンとは何かを知る必要があります。「男性ホルモン」とは「男らしさ」をもたらすために働く「性ホルモン」です。男性が持っているスタミナや筋肉質な身体作りにも欠かせないホルモンです。これは数種類あるものの総じて「アンドロゲン」と呼ばれています。このアンドロゲンは皮脂の約50%を占めるトリアシルグリセロールの分泌量を増加させます。アンドロゲンは肌の角化細胞を増加させ、角質量を過剰に増やし、異常角化につなげてしまいます。アンドロゲンは95%は男性の精巣で、5%は副腎で作られています。女性でも男性ホルモンは副腎で作られていて、過度の緊張や不眠・疲労などが続くと自律神経がバランスを崩して副腎皮質ホルモンが多量に出ます。これにより女性でも男性ホルモン優位という図式が出てきます。

 

男性ホルモンとニキビ

ニキビの原因が全て男性ホルモン・・・とは言えませんが、関係が深いことだけは確かです。男性ホルモンのアンドロゲンは皮脂全体の50%に相当するトリアルシグリセロールの分泌を促進してしまいます。加えて、角化細胞の増殖を促し、肌の角質を増やし「異常角化」をもたらします。毛穴が角栓で詰り、皮脂が溜まり、アクネ菌が繁殖し・・・これがニキビへの道になります。男性ホルモンが影響しやすいニキビの部分は、もみあげから顎にかけてのUゾーンや、鼻の下、口周りなどです。どれもヒゲが生えやすい部分ですね。ヒゲは男性ホルモンの影響ですから、ヒゲの生える部分は要注意というわけです。

 

女性なのに男性ホルモンが優位になる?

女性でも男性ホルモンが優位になることによって、ニキビになりやすく、悪化しやすくなります。男性ホルモン優位になる原因はホルモンバランスの乱れで、不規則な生活やストレスなどがあげられます。自律神経のうち交感神経が優位になり、身体は緊張興奮状態に陥ります。この交感神経は男性ホルモン分泌を促し、この活発状態が続くと体質的に男性ホルモン優位でニキビができやすい体質になってしまいます。これを回避するには、自律神経の副交感神経を優位になるようにします。スイッチじゃないのでオンオフはできませんが、まずはリラックスして生活習慣を副交換神経優位になるように仕向けていきましょう。

 

副交換神経で男性ホルモンを抑える

副交感神経で男性ホルモン体質を避けられるなら、そういった生活を心がけていきたいですよね。人間は誰しも緊張する場面がありますが、ずっと緊張状態であったり、過度な緊張状態だったり、そこから上手く抜け出せなかったりという状態は副交換神経に切り替えには上手くありません。上手にリラックス出来るように緊張状態を抜いていきましょう。ストレスも良くありませんが、これも誰しもあるもの。肝心なのは、ストレス源とずっと向き合わずに、趣味などでストレス源から心や身体を逸らすことです。緊張やストレスは良質の睡眠にも悪影響を及ぼします。睡眠不足はニキビの大敵で、副交換神経にも良くありません。食生活もビタミンが多い食事に切り替えたり、規則的にしていくことで改善がはかれます。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る