大人ニキビのしくみ・生理前

大人ニキビのしくみ・生理前

毎月の女性の生理。生理前にイライラしたり情緒不安定になったり、腰痛や便秘になったりと個人差はあれど良いことはあまりありません。この上にニキビや肌荒れも起こしやすく、特にニキビは同じ部分に繰り返しできる傾向があります。では、なぜ生理前なのか、その原因とケア、予防する栄養なども把握しておくとケアのバリエーションが増えるでしょう。

 

生理前と黄体ホルモン

生理前のニキビと黄体ホルモンは大きな関わりがあります。大人ニキビがUゾーンにできることが多く、同じ場所に繰り返す傾向があるのはこのためだと言われています。Uゾーンとは、顎や口の周り、フェイスラインなどのことです。黄体ホルモンは女性の身体の中で生理周期に合わせて「卵胞ホルモン」と共に妊娠や健康のために活躍します。黄体ホルモンは排卵後から生理までの2週間に増加していきますが、これが生理前肌荒れを起こす原因にもなります。肌状態はこの黄体期に乾燥しあれて毛穴が小さく詰まりがちになるのです。このメカニズムは、アクネ菌などを退治する「抗菌ペプチド」が、黄体期に減少することに始まります。生理前の敏感な肌に肌バリア機能が低下することでニキビができやすくなります。

 

生理前黄体期と抗菌ペプチド

黄体ホルモンが分泌される黄体期に抗菌ペプチドが減少するのは仕方のないことです。しかしこれを増加させようとする努力も必要です。紫根エキスなおどの漢方薬などを服用することも注目されていますが、基本的に充分な睡眠や栄養バランスの取れた食事も大切です。身体がむくんだりだるさが特徴の時期で、血行不良や冷えもでてきます。生理前のイライラ不安定情緒もストレスも増加します。血行不良や冷え、ストレスなどはダイレクトにニキビに悪影響を及ぼします。ストレッチやぬるめのお風呂でゆっくり浸かるなどで対処してみましょう。漢方薬を服用する場合は、できているタイプのニキビによって違ってくるので、専門医に相談してみましょう。

 

生理前に摂りたい栄養

生理前には肌荒れやニキビが増加しやすいので、しっかりした栄養を摂ることが肝心です。特にビタミンA,ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEを含んだものがよいでしょう。ビタミンAは肌や粘膜を健康にします。脂溶性なので脂と一緒に摂る事がコツです。レバーやニンジン・ほうれん草やかぼちゃに含まれているので、レバニラやほうれん草のソテーなど美味しく食べましょう。B群は新陳代謝を促すので、肌のターンオーバーに役立ちます。レバーや卵・納豆などに含まれます。ビタミンCは肌の弾力を保つコラーゲンに重要不可欠ですが、水溶性なので身体の外に流出してしまいます。マメに摂るよう心がけましょう。パプリカやブロッコリー・キウイフルーツなどに多く含まれています。サラダやデザートに使えますね。ビタミンEは抗酸化作用があります。脂溶性なので脂と一緒に摂取しましょう。たらこやいくら、なたね油、アーモンドや落花生などのナッツ類、アボカドです。タラコスパゲティやアボカドのサラダ、カシューナッツ炒めなども美味しそうです。

 

生理前は優しくケア

思春期にはとにかく洗顔して治したニキビ。でも大人になって出来た生理前のニキビはゴシゴシ頑張って洗ってはいけません。敏感になって乾燥し肌荒れしやすいので、角に皮脂を取り除いてしまうと更に乾燥してしまいます。乾燥すると角栓ができて毛穴に詰り、大人ニキビに繋がります。ぬるま湯で、洗顔料は刺激の少ないものをよく泡立て、擦らないように洗いましょう。また洗顔後は保湿も必要です。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る