大人ニキビのしくみ・活性酸素

大人ニキビのしくみ・活性酸素

活性酸素というと、どのようなイメージでしょうか。そして、大人ニキビとどのようなメカニズムで関係があるのでしょうか。また、活性酸素はどのような原因で発生して、どのようなものに多く含まれるかなど知っておくと大人ニキビのケアに少しでも役に立つでしょう。

 

活性酸素とは?

活性酸素と聞くと、イメージ的には「酸素だから身体に良いのでは?」という感じですね。確かに酸素の一種ではありますが、活動性が非常に高くて、周囲にある様々なものと反応を起こすという性質があります。活性酸素は不安定な酸素分子で、呼吸により取り込まれた酸素の3%が活性酸素になります。普通、酸素分子は水素分子と結合することで安定しますが、不安定な活性酸素は水素分子と結合できずに体内を暴れることになります。活動性が高いとあってニキビにも大きく関係し、発症や進行に深く関わることになります。活性酸素は脂質と結合しやすいので、毛穴の脂質は活性酸素と結合して酸化し、過酸化脂質になり錆びてしまうような感じになります。錆びた細胞の膜は機能低下してしまいます。もちろん活性酸素が「悪」なだけではなく、体内に侵入してきた細菌やウィルスを攻撃して消毒する作用があります。人間の身体に必要なものでもあるのです。

 

活性酸素はどのように発生するのか

活性酸素を発生させる原因として、紫外線が一番に上げられます。お肌に紫外線がよくないという謂れの一つです。他には身近なところで水道水に含まれる塩素や、酸化しやすい脂を含む食品、タバコや排気ガス、放射線、一部の医薬品や農薬なども発生の原因となります。

 

活性酸素と抗酸化

ニキビ治療に、活性酸素の害を防ぐことでの治療があります。欧米でもそういった治療を軸にしたものがありますが、日本も抗酸化作用の治療薬が開発されています。

 

こんなものを食べると抗酸化作用

ビタミンCやビタミンEは強力な抗酸化作用をもっています。ポリフェノールも良いといわれていますね。これらを含む食品を積極的に摂取したいものです。では、どのような食品に含まれているのでしょうか。まず代表格は「りんご」です。高カロリーで避けられやすいのですが、美味しいだけでなくビタミンCもたっぷり含んでいます。酸化型ビタミンCなので、比較的壊れにくいところが優れています。繊維も豊富なので、腸内環境を整えてくれるおまけ付です。スーパーなどで手に入れやすいものでは「バナナ」です。ビタミンだけでなく、ポリフェノールが豊富に含まれています。こちらも抗酸化食品の代表格で、悪玉コレステロールを防ぐ作用も持っています。鉄分補給で有名な「プルーン」は、抗酸化作用も有名です。ビタミンEやポリフェノール、代謝を促すビタミンB群まで豊富です。ココナッツオイルはセレブ間から流行が始まったとされていますが、中鎖脂肪酸が豊富です。これがケトン体に変わり、活性酸素を無毒化してくれるとされています。『アボガド』も栄養価が高いだけでなく美味しいですよね。ビタミンEやコエンザイムQ10が含まれていて、抗酸化作用が期待できます。肝機能の解毒作用も期待できる食品なので、お酒やタバコをたしなまれる方にはなおおススメです。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る