大人ニキビのしくみ・毛穴とコメド

大人ニキビのしくみ・毛穴とコメド

「コメド」という言葉は聞いたことがあるでしょうか。英語の「comedo」からきています。日本語では「面皰(めんぽう)」といいます。英語ではダイレクトにニキビを指しますが、日本ではコメド・面皰は「角栓」という意味で使われます。よく肌にポツッと出来たところの先端に、ひょっこり飛び出しているものがあり、思わず抜いてしまいたくなるのが毛穴に詰まった「角栓」です。毛穴から白くひょっこり出ているので、白ニキビとも呼ばれています。

 

コメドができる原因

コメド、つまり角栓ができて毛穴に詰まることによってニキビが発生します。このコメドができる原因を取り除けば、ニキビに悩まされる確立はグッと減りますね。コメドができる原因は、まずは「乾燥」といえるでしょう。肌が乾燥することによって、毛穴の皮脂腺が肌を守るために皮脂過剰になります。これによって溢れた皮脂が毛穴に詰り、固まってコメドになります。この皮脂はニキビ炎症の原因になるアクネ菌の繁殖のエサとなります。アクネ菌がコメドをエサにして異常繁殖して悪化していくのです。コメドはニキビの芯といえるでしょう。ニキビができるとせっせと洗顔に力を入れたりしますが、これが通常の皮脂まで落としてしまい、肌の水分が蒸発して乾燥してしまいコメドが発生します。オイルタイプのクレンジングなどは特に肌の乾燥を招きます。オイルタイプは落ちにくいメイクもしっかり落としてくれますが、界面活性剤が配合されているので本来肌を守る肌バリアまで破壊してしまうからです。

 

毛穴からコメドを取り除く注意点

毛穴からコメドを取り除いてニキビを解消したい!と思いますよね。コメドを取ろうとして、毛穴からちょこんと出ているコメドを爪で取り出そうとしたり、毛穴を絞って取り出したくなります。コメドをにゅっと綺麗に取り出せるととてもスッキリしますね。爪で取り出す他に、よくピーリングをしたり、毛穴パックをしたり、コメドプッシャーなどで押し出す方法もあります。ところがコメドを無理に取り除こうとするのは、周囲の皮膚を傷つけたりして細菌が入る可能性があります。ニキビをつぶしてはいけない・・・と言われる所以です。これが敏感肌になることがあり、かえってニキビができやすくなったりします。ピーリングなどは古い角質を除去するには非常に良い手段です。が、コメドのような毛穴の奥の固まりまでは除去が難しいのです。また、ターンオーバーが乱れがちな時には、ピーリングなどで刺激をするとコメドや古い角質を除去するどころか肌に悪影響を及ぼす場合がありますので注意が必要です。

 

コメドを取りたい

コメドは無理やり外側から取り出すのではなく、内側から押し出されるのを待つのが理想です。自然な形で取り出されれば周囲の肌を傷つける心配もありません。内側から押し出されてきたら、コットンなどでなでて取り出したり、消毒したピンセットなどで引き抜く方法もあります。毛穴の入り口まできたのにそのままにしておくと、毛穴が酸化してしまい、クロニキビに発展するので注意です。また、コメドや古い角質を取った後は保湿もしましょう。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る