大人ニキビのしくみ・新陳代謝

大人ニキビのしくみ・新陳代謝

新陳代謝真っ盛りの思春期ニキビと違い、大人ニキビと新陳代謝は深い関係があります。まさにニキビにとって重要キーワードです。そこで、あらためて「新陳代謝」とは何か、どのように大人ニキビに絡んでくるのか、また、大人ニキビを良くするために新陳代謝をどうすれば良いのかなどを探ってみましょう。

 

新陳代謝とは

新陳代謝とは単刀直入に言えば「古いものが新しいものに入れ替わる」ということです。これは肌だけではありません。人間は生きている限りこの新陳代謝を繰り返し生命体を維持しているのです。見た目は変化がない肌の上などでも、古い細胞が新しい細胞によって押し出される活動をしています。例えば分かりやすいところで、爪や髪の毛なども抜けて生えてを繰り返しています。肌の活動は「ターンオーバー」とも言われていて、再生を絶えず行っているということです。ちなみに、基礎代謝という言葉もありますが、これは新陳代謝とは意味が違っています。基礎代謝は体温を一定に維持したり内臓を動かすための生きていくエネルギー量のことです。

 

新陳代謝と年齢

新陳代謝(ターンオーバー)は個人差もありますが、年齢と共に変化していきます。20代のころなどは28日周期で入れ替わっていた細胞が、30代では約40日、40代では約55日というように周期が遅れがちになっていきます。細胞の入れ替わりが遅れると、シミやシワはその場所に定着していきます。シミやシワを改善するには、新陳代謝を上げる必要がでてきます。

 

新陳代謝を上げることと大人ニキビ

大人ニキビが思春期ニキビと比べて治りにくいのは、大人になって新陳代謝が落ちてきていることにも起因します。細胞の入れ替わりが鈍くなると、古い角質が肌にたまり、毛穴を詰まらせてニキビの原因にしてしまいます。また、肌にとって必要な水分や栄養などを受け取って新陳代謝が行われるので、新陳代謝を上げてニキビやニキビ跡を治そうとするには肌に充分な水分や栄養を血液で運んであげなければなりません。冷えや血行不良は水分栄養を届きにくくし、新陳代謝を遅らせることになります。新陳代謝は夜に行われるため、良質のたっぷり時間の睡眠は最大の新陳代謝促進です。

 

肌の新陳代謝を上げよう

肌の新陳代謝を上げて大人ニキビを出来にくく、跡に残りにくくしたいものです。まずはニキビの原因になる角質のケアです。肌に刺激になるピーリング剤やスクラブ洗顔ではなく、肌に優しいものを使用するのが大人ニキビです。肌を温めることも効果的です。肌にそっと触ってみましょう。冷たいですか?冷えは代謝を遅らせる原因になります。お湯で肌をザブザブ洗うのはNGですが、蒸しタオルなどで温めるのはOKです。もちろん身体も冷やさないように。睡眠は良質な形でとりたいですね。充分な時間を寝るというのも必要ですが、深い眠りも必要です。寝る前にスマホやテレビやPCを控えたり、寝る前のカフェインを控えたりすると良いでしょう。バランスの良い食事も新陳代謝促進には効果的です。カボチャやブロッコリーなど代謝に効いてきます。皮膚の粘膜を反故するビタミンAや美白効果のあるビタミンC、血行促進のビタミンEが含まれています。牡蠣や胡麻も代謝の活発化に一役ある亜鉛が含まれています。睡眠・食事ときたら、次は運動でしょう。適度な運動で筋肉をつけます。筋肉を付けることは全身の代謝を上げることに効果が発揮されます。顔の筋肉を動かすエクササイズなども良いでしょう。ちょっとした時間にできることかも。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る