大人ニキビのしくみ・思春期

大人ニキビのしくみ・思春期

「思春期の頃は若さのシンボルの『ニキビ』で、大人になると『吹き出物』」なんて言われるニキビ。どちらも同じニキビなのに・・・と言いたいところですが、実は思春期のニキビと大人のニキビとでは原因も治し方も違います。思春期ニキビになったことがある方は、大人ニキビとの違いを確認してケアにも生かしたいところです。

 

思春期とニキビ

身体の新陳代謝が活発になる思春期と、代謝が落ちていく大人になってからのどちらもニキビは出来る可能性があります。一般的に13歳くらいから18歳くらいまでの思春期にできるものを「思春期ニキビ」といい、20歳から更年期頃までにできるニキビを「大人ニキビ」といいます。思春期ニキビは成長期に皮脂分泌が活発になるところからニキビ発生が始まります。成長を促す成長ホルモンの分泌が皮脂腺を刺激して過剰分泌させてしまうのです。毛穴が詰まりやすくなったところにアクネ菌が繁殖して炎症を起こします。成長していくからこそ分泌される皮脂。まさに成長と青春のシンボルなのです。

 

思春期にできるニキビの特徴

思春期ニキビの特徴はTゾーンにできやすいところです。Tゾーンとは、額と鼻と顎先をつないだラインです。大人になってもこの部分はメイクをしても時間がたつと油分が浮く部分ですね。Tゾーンの他には頬までと広範囲です。しかし、大人ニキビの原因は乾燥や古い角質が詰まるところから始まりますし、できやすい部分も違います。大人ニキビは、なんと背中まで出来てしまいます。20歳を過ぎてニキビが出来た場合は、思春期ニキビではなく大人ニキビのケアに注目したほうが良いでしょう。また、大人ニキビが代謝が落ちて治りにくくなっているのに比べて、思春期ニキビは新陳代謝真っ盛りで細胞の入れ替わりが短期間でおこなわれるので完治が見込まれます。「ニキビができちゃった!」とか「跡になったらどうしよう」と不安に思うことなく、諦めることなく、ケアする価値があると思います。

 

ケア用品は思春期用で

思春期のお子さんを持つ親御さんも大人ニキビになる可能性が高いので、親子でニキビという可能性も大いに有り得ます。しかしケア用品は別々にしましょう。思春期ニキビと大人ニキビでは原因も肌の状態も違うので、思春期ニキビの子供が大人ニキビのケア用品を使っても効果は薄いですし、大人ニキビの親が思春期ニキビ用の殺菌力の高いケア用品を使用すると悪化する可能性があります。「これ買ってみて、一緒に使って試そう」なんて仲の良い親子も良いのですが、ニキビケアはやはり別々なのです。思春期ニキビと大人ニキビのケア用品の共通は、パラベンや香料着色料などを避けるところです。肌に刺激が強く、ニキビが出来やすくなってしまいます。

 

思春期ニキビのケア

過剰な皮脂と、そこに集まるアクネ菌や雑菌の繁殖を抑えて清潔を保つ。思春期のニキビケアは洗顔から始まります。中学生から高校生にかけて運動部などで汗をしっかりかいて頑張る子には、どんなに疲れていても洗顔は思春期用の洗顔剤でしっかり洗顔したいですね。キメ細かい泡を立てて、毛穴の奥まで汚れを落とします。アクネ菌殺菌成分などが入っているとなお良いでしょう。大人ニキビの方は、この殺菌成分が敏感になった肌を刺激するので控えます。洗顔を終えたら肌に充分な潤いを与えておきます。これにより皮脂分泌が抑えられます。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る