大人ニキビのしくみ・ニキビ跡と色素沈着

大人ニキビのしくみ・ニキビ跡と色素沈着

一生懸命治したニキビ。でもニキビ跡がなかなか消えてくれないということがありますよね。ニキビができやすい敏感肌の方は、特に跡が治りづらいようです。このニキビ跡の正体は、ニキビで出た炎症や傷、そして色素沈着によるシミ状態です。「でもきっといつか治るよね?」と自然治癒を待っていると、長期間かかるか下手すると一生治らないかも・・・と言われています。また、症状に合わない間違った治療で更なる肌トラブルの可能性も。正しい知識とケアで早く改善したいものです。

 

ニキビ跡と色素沈着

ニキビが繰り返し同じ場所にできたり、炎症や傷がついたりすると肌のダメージは深いところまでに及びます。皮膚深部の組織を壊し、ニキビの跡、つまりニキビ跡と呼ばれるものになります。ニキビ跡という状態は肌にできた炎症と傷の色素沈着によるシミです。このシミ状のニキビ跡にはタイプがあるので、症状や原因に沿った治療をしましょう。

 

赤色タイプのニキビ跡

ニキビが赤くプックリしていたのが平らになり、赤色だけが残ると「赤色タイプ」です。炎症を起こしたケアなの周りがうっ血して赤くなっています。真皮に血液中のヘモグロビンという色素タンパク質が沈着してシミになるのです。このタイプのニキビ跡はセルフケアが可能です。赤みを薄くするには、ビタミンC配合の化粧水や美容液を使うと良いでしょう。ビタミンCは皮脂を抑えて炎症を抑えてくれます。ビタミンC誘導体(リン酸など)を配合してあると肌への浸透度が高く効果的です。「ビタミンCをみかんを食べて補給していい?」というのはNGで、あくまで肌から吸収しましょう。乳液などはセラミドやヒアルロン酸などを含んだものが良いでしょう。優しく洗顔し、ビタミンC配合化粧水・セラミド配合乳液・美容液の順で塗っていきます。その後イオン導入器でマイナス電極を当ててビタミンCを深層部まで送り込むことも効果的と言われています。

 

紫色タイプと茶色タイプのニキビ跡

色素沈着タイプのニキビ跡には、紫色っぽいのと茶色の跡などもあります。紫色はニキビが炎症を起こした時に毛穴周辺の毛細血管が破裂し、血がにじみ出たのが原因です。紫の斑点状で、触らなければ痛みはありませんが、押すと痛みを感じることもあります。内出血の跡が残ってしまったという感じです。茶色の跡は、メラニンという皮膚が日光に当たることで生成される色素で、ニキビができる時に大量に作り出されます。つまり一般的にいう「シミ」状態で、痛みはありません。頬から顎にかけて出来ることが多いのですが、ニキビの上から日焼けをして、更に沈着してしまうという流れで悪化します。赤色色素沈着動揺セルフケアで薄くすることがきます。やはり洗顔と有効な成分の入った保湿療法は必要です。さらに効果的なのはピーリングです。ピーリングは本来古くなった肌角質を落とすものですが、茶色のシミにも効果的なのです。ニキビによって壊れてしまった肌はターンオーバーせず、本来茶色いニキビは消えるまで2~3年かかることもあるツワモノです。その間に日焼けなどしてしまうと更に消えにくくなります。ピーリングは肌へ刺激が少ないものを選びましょう。酸度が強いものだとヤケドのような状態になってしまうことがあります。頻度としては週に1~2度でしょう。もちろん日焼け対策・紫外線対策も必須です。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る