大人ニキビのしくみ・ターンオーバー

大人ニキビのしくみ・ターンオーバー

ニキビやお肌の問題について語られる際には「ターンオーバー」という単語が出てきます。このターンオーバーはニキビだけでなくお肌のトラブルを克服するために、原因を考えたりするのに必要な「肌のメカニズム」の一つです。これを正常で保てるかどうかで大きく肌は変わってきます。これの意味・メカニズム・正常に保つための効果的なケアなども学んでおきましょう。

 

ターンオーバーとは

ターンオーバーとは、肌が生まれ変わるサイクルのことです。肌はずっとそのまま身体の表面上にあるわけではなく、綺麗な肌を保つために代謝しているのです。肌の構造は表皮・真皮・皮下組織の3つに分かれていて、表皮は角質層・顆粒層・有棘層(ゆうきょくそう)・基底層の4つに分かれています。一番奥の基底層で新しい肌の細胞が作られ、それがだんだんに上に押し上げられていきます。最上層に上がった細胞は古い細胞となって垢やフケなどになって剥がれ落ちて、下からまた新しい細胞が表面上に出てきます。これが1サイクルのターンオーバーになります。

 

1サイクルの周期

ターンオーバーには周期があり、身体の各部分によって変わってきます。顔の皮膚は大体28日周期と言われていますが、年齢と共に周期は長くなり、例えば痣やシミやキズ跡などもなかなか消えなくなってきます。例えば10代なら約20日であった周期が、20代で28日になり、30代になると約40日になってしまいます。これが40代になると約50日となって、10代なら半月で何とかなった肌が40代50代では1ヶ月以上となってしまうのが驚きです。ちなみに、60代になると約100日で実に1年の3分の1になっていくのです。一応目安の周期日数ですが、これが何かしらのトラブルで周期が狂ってくる場合があります。これを「ターンオーバーが乱れる」といって、ニキビの原因になってきます。

 

ターンオーバーが乱れると・・・

ニキビの原因に「ターンオーバーが乱れる」というのがあります。ターンオーバーの周期が早くなったり遅くなったりという事態です。ターンオーバーは早すぎても遅すぎても良くありません。早すぎると肌細胞が生まれて未成熟なまま表面に並んでしまいます。肌はスカスカで肌バリアの機能も低下して水分が抜け出してしまいます。未成熟の肌バリアは雑菌やアレルゲンにも弱いですね。これが肌トラブルの始まりで、敏感肌や乾燥肌になります。周期が遅いと、垢やフケとして剥れるはずの古い細胞が剥がれ落ちず、いつまでも表面に残ってしまい、新しい細胞と一緒になって肌の渋滞を起こします。古い細胞は老廃物と一緒ですから、汚れがいつまでも肌にのこっているということになります。これはよく顔を洗わない、または油分が強いスキンケア商品を使っている場合におこります。

 

ターンオーバーを正常化したい

ターンオーバーを正常化したい場合、色々な方法があります。まずは睡眠をきちんと取ること。ターンオーバーは睡眠中に行われるからです。就寝してから約3時間以内に質の良い睡眠をとれることが効果的です。質の良い睡眠といっても難しいですが、お風呂に入って体温が上がり、体温が下がっていくときに睡眠が誘発されるといいます。喫煙もNGで、喫煙は体内の細胞を壊してしまうので、ターンオーバーにも悪い影響があります。ストレスは100%ストレスフリーというわけにはいかないですが、過度のストレスは細胞を作る働きを邪魔するので少しでも減らしましょう。食生活にも気を配りましょう。食生活は内からのターンオーバー正常化そのものです。ビタミンを多く含んだものが代謝を上げるためにもおススメです。ビタミンも色々ですが、ビタミンA・B群・C・Eが特におススメです。野菜を食べて脂っこいものは避けましょう。顔を洗わなかったり、ゴシゴシ何回も洗ったりするのも表層のターンオーバーの正常化を邪魔します。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る