ニキビケア・シミと赤み

ニキビケア・シミと赤み

ニキビ跡は、肌に出来たニキビの炎症・傷・色素沈着によるシミ状態になってしまったものです。繰り返し同じ場所にニキビができたりすると、肌へのダメージは深い組織までに至り、跡が残ってしまいます。ニキビ跡の「赤み」は、赤ニキビと勘違いしやすいのが特徴です。「ちゃんとケアしているのに、なぜ治らないんだろう?」とあれこれ試してみてしまう・・・というケースもあります。

 

赤ニキビと「赤み」

赤ニキビは、毛穴詰まりして皮脂過剰になった毛穴にアクネ菌などが繁殖、炎症を起こして膨らんだ感じになります。これがケアなの周りでうっ血して、ニキビそのものが治って膨らみが平らになっても、赤みだけが残ってしまうのです。つまり、赤みは血液の色ですね。しかし他人から見ると、せっかく直した赤ニキビも、ニキビ跡の赤みも、同じようにしか目に映りません。これは非常に残念なことです。

 

ニキビ跡の赤みを治したい

ニキビ跡の最大の悩みは「もしかして一生治らない・・・?」ということでしょう。しかし時間は長くかかるかもしれませんが、絶対治らないというものでもありません。ただ、悩んでいても治らないので、なるべく早めに治療を開始し、健康な肌を目指しましょう。ニキビを繰り返したり、ニキビ跡が消えにくいのは、肌の状態が弱っているからです。色々なニキビ跡の治療がありますが、赤みの場合は炎症を起こしている場合もあるので、刺激を与えることは避けたいところです。

 

赤みをセルフケアしたい

赤みのあるニキビ跡。とりあえず、まずはセルフケアで挑戦したいですね。かといって、間違ったケアをして消えなくなってしまうと困ります。お肌が弱っている赤み状態には、ピーリングでゴシゴシというのはちょっと避けておきましょう。もっとも効果があるといわれているのはビタミンC配合の化粧水や美容液を使うことです。ビタミンCは皮脂分泌や炎症を抑える効果があります。ただしビタミンCが壊れずに肌の深部まで届くのは大変なので「ビタミンC誘導体」というリン酸やAPPSを配合したものを使用しましょう。服用するタイプのビタミンCは、身体には良いのですが、お肌までには届きにくいので効果は期待できません。ビタミンCの他にも、保湿成分である「セラミド」「ヒアルロン酸」などを含んだ乳液を使用するのも良いでしょう。肌が乾燥すると、肌は正常な強さを保てなくなります。また、美容皮膚科でもできますが、家庭用のイオン導入器も販売されているので、電流を利用したスキンケア方法である「イオン導入」もビタミンCなどお肌の栄養が浸透する効果が期待できます。赤み改善の最初の一歩としては、洗顔などで肌に刺激を与えないようにし、自らも生活習慣でストレスなどを改善していくことから始まるでしょう。気長に、最低でも3ヶ月くらいはかかると思ってじっくり取り組みます。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る