ケアの成分・美肌成分

ケアの成分・美肌成分

大人ニキビは思春期ニキビと違って消炎作用や殺菌作用だけでなく、美肌成分が含まれていると肌の生き返りが違います。美肌成分はビタミンC誘導体、ハイドロキノン、コラーゲン、ヒアルロン酸などがあります。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCを摂取したり肌に付けたりすると良い・・とは言いますが、むやみにレモンなどを食べたり肌に付けたりすれば良いものではありません。確かにビタミンCは抗酸化作用や抗炎症作用の他に、美白という大きな美肌効果を持っています。ところが、ビタミンCは成分自体がもろくて壊れやすいため、化粧品に配合しても効果が発揮されにくいという難点がありました。そこで、壊れにくいよう人工的に安定化改良されたのが「ビタミンC誘導体」です。美白効果としてのビタミンC誘導体は、メラニン色素の過剰産生や沈着を抑える効果があります。ニキビが炎症発生した際に外部刺激から保護しようとメラニン色素が生成されるのですが、このシミを防ぐことになります。水溶性・親油性のメリットを持ったアスコルビン酸2リン酸6パルチミン酸(APPS)という両性ビタミンC誘導体などは浸透力も良く低刺激なので配合成分としてはおススメです。

 

ハイドロキノン

日本では皮膚科で使用されていたハイドロキノン成分ですが、アメリカではわりとメジャーな美容成分です。2001年に規制緩和によって化粧品にも使用できるようになりました。イチゴや麦芽、コーヒーなどに含まれる天然成分で、美白効果があります。シミの原因であるメラニンを生成する酵素チロジナーゼの働きを阻害したり、メラノサイトという色素細胞に働きかけて減少させます。シミの予防と既にできてしまったシミにも効果が期待できるという「肌の漂白剤」という感じです。ただし、強い成分なので濃度や副作用に注意して選ばなければなりません。高濃度や長期間の使用も白斑になる可能性があります。

 

コラーゲン

美肌成分の代表格といえばプルンプルンのコラーゲンでしょう。ところが、コラーゲンであれば何でも美肌になるというわけではなく、分子が大きいものだと肌表面の保湿効果しか期待できないのです。一般的なコラーゲン化粧品だと、肌表面の保湿効果を高めてシワや乾燥から肌を守る効果となります。が、できれば角質層まで浸透して欲しいところです。ここに達するには分子量500ダルトン以下の低分子であることが条件になります。これは有害物質を簡単に侵入させない肌の防御機能があるからです。低分子コラーゲン配合の化粧品がおススメです。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は高い保湿力から小じわの予防や改善、肌バリア機能回復などの美肌効果が期待できます。水分を保持して弾力のある肌にします。そもそもヒアルロン酸は肌の真皮に備わっているものですが、加齢などが原因で減少していきます。そこでヒアルロン酸配合の化粧品で補充していき肌の弾力を取り戻すのが理想です。ただし、化粧品に含まれているヒアルロン酸は高分子であるために真皮までは届かず、角質層止まりです。それでもヒアルロン酸を配合していくのは、角質層で水分を保持して肌の水分蒸発を防ぎ乾燥から守ってくれるからです。「低分子ヒアルロン酸」「無水ヒアルロン酸」などは浸透性が高いので、選ぶ時には見比べてみたいものです。

最近登録された新着のニキビケアコラム

すべてのコラムを見る